先輩インタビュー9 自分が設計した製品を国内・海外のお客様にご使用頂いていることに格別の喜びを感じます。

DATA:● 研究部 開発グループ   名古屋工業大学 工学部 機械工学科 卒  2012年入社

1、私の仕事内容

私の仕事は石油燃焼機器の設計・開発です。入社以降FF式ストーブを担当しています。主に構造検討、図面作成、及び性能確認をおこなっています。製品知識を深め、生産性を高める構造とお客様の要望に沿った製品仕様の開発を常に心掛けています。

2、この仕事をして良かったと思うこと

構想検討から量産までの幅広い業務に携わることができ、その中で試行錯誤を繰り返しながら設計した製品が国内や海外のお客様に使用されていることに大きな喜びとやりがいを感じています。

3、この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

検討した構造に対して求める性能がうまく出ないときです。問題が発生したとしても期限内に結果を出すように努力しなければいけません。考えられる原因を1つずつ検証しながら問題点を改善しています。

4、私の学生時代

大学時代から趣味の自転車(ロードレース)に打ち込んでいました。現在も活動しています。クラブチームに所属しながらたくさん練習し、レースのため遠征に出かけ、日々こつこつと頑張っていました。

5、私がこの会社を選んだ理由

大学で勉強していた熱や流体に深く関わる燃焼関連の製品の設計・開発の仕事がしたいと思いました。メーカーとして生活に身近な家電製品を扱い、国内だけでなく多くの国で愛用されるトヨトミに興味を持ちました。

6、学生の皆さんへのメッセージ

就職活動中はさまざまな企業を見ることができる良い機会です。自分のやりたいこと、これから目指すものをよく考えながら、たくさん経験したり話を聞いたりして後悔のないように頑張ってください。