先輩インタビュー9 自分の狙った通りのものができた時は、ものづくりの面白さが実感できます。

DATA:● 技術部 技術課   静岡理工科大学 理工学部 機械工学科 卒  2010年入社

1、私の仕事内容

主な仕事内容は、組立治具の設計や製作を行っています。いかに低コストで、生産性・作業性の良い工法を組立ラインに反映させるかを3D-CAD等を使い考えています。

2、この仕事をして良かったと思うこと

自分の狙った通りのものができた時は、ものづくりの面白さが実感できます。自分の関わった製品が、実際に世の中に出て人の役に立っているのを見ると喜びを感じます。

3、この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

3D-CADの設計が、うまくいかなかったり、狙った通りのものをつくることが出来ない時は、納期が迫ってくるので辛いなと感じることがあります。

4、私の学生時代

学生時代は、講義が終わるとすぐにグラウンドに行き照明が消えるまで、サッカーをしていました。あまり強くはないチームだったので、負けが続くこともありましたが、みんなでどうすれば勝てるか話し合いコミュニケーションをとることにより、少しずつですが勝てるようになりました。1人暮らしをしていたので、いろいろバイトもしました。大学以外の人と接することができ、いい社会勉強になりました。人から誘われたり、少しでも興味を持ったものには、チャレンジするようにしていました。

5、私がこの会社を選んだ理由

CADを使った仕事をしてみたかったのと、これからは、環境の時代なので環境への取り組みに力を入れている会社だと知り、トヨトミを選びました。

6、学生の皆さんへのメッセージ

部品メーカーと違い、自社製品を持っている企業なので、達成感ややりがいを感じることが出来ます。アットホームな会社なので、働きやすいです。学生は、社会人と違い自由な時間がたくさんあるので、その時間を無駄にせず、色々なことにチャレンジして欲しいです。就職活動大変だと思いますが、諦めずにがんばってください。