先輩インタビュー3 「長年使えて品質がいい」と様々な国のお客様にお褒めいただく時この仕事をしていて良かったと思います。

DATA:● 貿易部 貿易課   南山大学 外国語学部 スペイン・ラテンアメリカ学科 卒  2016年入社

1、私の仕事内容

私が担当するギリシャ、レバノン、南洋諸島など様々な地域の海外のお客様にトヨトミ製品を紹介、販売しています。お客様からの要望や国の規格に応じて、製品や付属品の検討を行うこともあります。また、関連会社の豊臣工業株式会社が扱うペレットストーブの輸入業務にも携わっています。

2、この仕事をして良かったと思うこと

様々な国のお客様から「トヨトミ製品は長年使えて質が良い」といったお言葉を頂く時は、この仕事をしていて良かったと思います。また、ちょっとしたお問い合わせから、コンテナ単位での製品購入に繋がった時は、とても嬉しかったです。

3、この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

主に日本から電話やメールで海外のお客様とやり取りしますが、時差がある上、お互いに英語のネイティブではないことが多いため、曖昧な表現を使ってしまうと解釈に相違が生まれ、無駄な時間をかけてしまうので、精進しなければと思います。

4、私の学生時代

大学ではスペイン語を専攻しており、中南米で留学やインターンをしました。スペイン語の使い方について、国ごとの違いを学びたかった為、様々な国を訪れました。実際の生活や文化に触れることで多様性を感じ、視野を広げることができたのは良い経験でした。

5、私がこの会社を選んだ理由

ゼミで中南米のことを調べていた際、チリでトヨトミのストーブがとても人気だということを知りました。地元名古屋の企業が遠く離れた中南米の国で愛されている製品を造っていることに興味を持ち、説明会に行ってみたところ、社員の方々がとても温かく話をして下さった為、この会社で働きたいと思いました。

6、学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は日本独特の文化で、歪に感じる人もいるかもしれませんが、多くの会社を知ることができる貴重な機会です。夢に向かって一直線な人も素敵ですが、最初から視野を狭めるのではなく、実際にたくさんの会社に足を運ぶといいと思います。受かる・落ちるというよりも合う・合わないを考える場だと思いますので、楽しみながらできると一番です。