先輩インタビュー1 自ら考えて行動することを身に付け、その責任感から適度の緊張感をもって仕事に臨むことができるようになりました。

DATA:● 国内営業部 仙台支店   中京大学 経営学部 経営学科 卒  2006年入社

1、私の仕事内容

私の主な仕事内容は、自社で製造した製品や仕入れた製品をお得意先様へ提案する事です。バイヤー様や担当者様と意見を重ねながら製品を提案し、製品の持つ特長やその使いやすさを実感できるような売場を作る事に努めています。時には店頭に立って販売する事でお客様から直接ご意見を頂いたり、他社の情報を収集することで知識と経験を積み、自らの自信に繋げています。

2、この仕事をして良かったと思うこと

誰でもできない仕事を任され、成功した時にはやりきった達成感というものは大きいです。入社して何年も経たないうちから担当を持ち、初めは先輩や上司に相談しながら仕事をしていましたが、徐々に自分で考えて行動する事を身に付けました。その責任感から適度の緊張感を持って仕事に臨むことができるようになり、自分が成長した事が実感でき、良かったと思います。

3、この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

一生懸命努力してもそれが報われない時もあり、そんな時は辛いと感じます。また、失敗して人に迷惑をかけてしまった時等は辛いよりも悔しい気持ちでいっぱいになり、二度と同じ失敗を繰り返さないよう考えを改めるようにしています。

4、私の学生時代

学生時代はテニスに明け暮れ、大学時代はサークルの部長として練習や合宿、イベントの企画などすべてに携わり、持ち前の明るさと楽観的な性格で楽しく過ごし、社会人となった今でも変わらず交流は続いています。こんな性格なので、職場の方々やお得意先様にも可愛がって頂いており、毎日楽しく仕事をしています。

5、私がこの会社を選んだ理由

実家が名古屋ということもあり、地元の名古屋を拠点にしている企業を探していたところトヨトミに出会いました。そんな動機ではございますが、いろいろな人と縁を持ち、いろいろな事を経験させてもらったこの会社とはこれからも共に成長し、時代の変化にも対応させていきたいと考えています。

6、学生の皆さんへのメッセージ

最後まであきらめない事!何事もあきらめたら満足のいく結果は生まれません。実は私も今の会社は大学4年生の2月に決まりました。周りが決まりはじめると焦る気持ちはよくわかります。ですがあきらめなかった事で、私も今みなさんへのメッセージとしてこのことを伝えることができました。自分に自信を持って、最後まであきらめないでください!