先輩インタビュー1 初めてストーブを受注した時の感動は今も忘れられません。

DATA:● 国内営業部 名古屋支店   名古屋商科大学 マーケティング学部 マーケティング学科 卒  2013年入社

1、私の仕事内容

私の仕事はお得意様へトヨトミ製品を何台取り扱って頂くかを商談したり、家電量販店やホームセンターのお店訪問し、商品説明や売り場提案をすることです。また時には直接店頭へ立つことで消費者の方へ直接商品を説明し、トヨトミ製品の良さを知っていただいております。1台でも多く販売できるように自ら考えて行動します。

2、この仕事をして良かったと思うこと

初めてストーブを受注した時の感動は今でも忘れられません。お得意様は、トヨトミ製品を扱っているだけではありません。お得意様より注文を頂く為、納得のいく提案書の見直しを行い、何度もお得意様の所へ足を運び、信頼関係の構築に努めました。そして、初めて「君を信じるよ」と注文を頂きました。その時は、今までの苦労を忘れるぐらい感動しました。この1台のストーブが私の営業活動の始まりであり、仕事の喜び・楽しさを教えてくれたと思います。

3、この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

お得意様との商談が上手くいかないことがあります。一生懸命努力した結果を残せなかった時は、辛いです。商談では、こちらの提案を一方的にお得意先様へ伝えるのではなく、相手側の求めることを理解し、共に納得ができる提案をする事が大切であると感じます。現在は、ご納得を頂ける提案を提供できるよう心がけています。

4、私の学生時代

学生時代はスポーツばかりでした。特に大学時代から始めた野球では、同世代や先輩方の中、持ち前の元気と明るさでムードメーカー的な存在となり、楽しく過ごしました。野球は現在も続けており、培った「コミュニケーション能力」や「積極性」、「体力」などを仕事でも活かしつつ、毎日楽しく仕事が出来ています。

5、私がこの会社を選んだ理由

地元名古屋を拠点としている企業で営業職を中心に就職活動をしていました。会社説明会でトヨトミの営業は、最前線で挑戦できると伺い自己成長に繋がると考え、このトヨトミと共に成長していこうと入社を決意いたしました。また、「どの分野でも一番を目指す人を応援する」という言葉は今でも心に残っております。

6、学生の皆さんへのメッセージ

私の就職活動は、辛く大変な事ばかりで心が挫けそうになることの連続でした。しかし、就職活動は、誰もが避けては通れない道です。自分自身の足で行動し、就職活動で経験したことは絶対に将来の糧となり、自分自身の成長につながります。すぐに結果が出なくても、常に挑戦することを忘れず、最後まで諦めなければ必ず結果はついてきます。そして、「笑顔と元気」、全ての人に対する感謝の気持ちを大切にし、精一杯頑張って下さい。