トヨトミ石油ストーブ「ダブルクリーン」シリーズ 2014年度モデルを発売

株式会社トヨトミ(本社:名古屋市瑞穂区 社長:中村 出)は、2014年度の石油ストーブ「ダブルクリーン」シリーズにおいてメッシュガードを採用したモデル(RC-W36E/RC-S28E)と黒ガードを採用したモデル(RC-W32E)を発売いたします。

 

 

【「ダブルクリーン」シリーズの特長】

 ダブルクリーンストーブは通常の2倍以上の火力調節幅があるので灯油を節約することができます。通常の石油ストーブは火力調節が難しく、火力を弱めると消えてしまうことがありますが、ダブルクリーンストーブは通常の2倍以上の火力調節幅があるので灯油を節約しながら弱い火力のままでも快適に暖をとることができます。例えば、RC-W36Eの場合、灯油代年間約17,500円(※1)節約することができます。

さらに、2段の燃焼筒で通常のストーブより高温になり、下段で燃えきれなかった物質を上段で燃やしきるので排気がクリーンです。下段では800度で燃えていますが、上段ではさらに高温の1200度で燃やし切るのでニオイを大幅に低減することができます。

また、上段の白い燃焼筒には特殊な遠赤コーティングをしているので、遠赤外線でじんわり暖く過ごすことができます。

※1 1日2回点火。1時間後に火力を40%落とす使用方法で、1日10時間燃焼、5ヶ月使用した場合。灯油の価格1L=104円で試算。(2014年1月6日週次調査:店頭用灯油全国平均。資産エネルギー庁発表)
ページの先頭へ