石油機器、電気暖房機累計生産台数が6,500万台に到達

株式会社トヨトミ(本社:愛知県名古屋市、社長:中村 出)は、平成26年11月13日、石油機器及び電気暖房機を合わせた累計生産台数6,500万台を達成いたしました。

 

株式会社トヨトミは1949年に創業以来、今年で65周年を迎えました。1952年に石油コンロの自社開発製品を生産開始、1960年に世界初ガラス燃焼筒方式の石油ストーブの発売以降、急速に生産台数を伸ばし、現在では国内だけでなく海外96ヶ国へと販売を拡大しております。

 

65周年を迎える年に、累計生産6,500万台目のラインオフ式典を開催いたしましたので式典の様子をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

また、今年創業65周年を記念してトヨトミを代表するモデルを限定で発売しております。

プレミアムモデルは従来のトヨトミのオンリーワン製品にプラスワンの機能を搭載し、コポレートカラーであるトヨトミレッドから成熟させた深みのある赤色に統一した対流型ストーブ、反射型ストーブ、石油ファンヒーター、FF式ストーブの4つの製品です。

 

 

詳しくはコチラ  ‣65周年特別モデル特設サイト

ページの先頭へ