ぐるんPa【RS-G30C】が2012年度グッドデザイン賞受賞致しました

10月1日、公益財団法人日本デザイン振興会により2012年度グッドデザイン賞の受賞結果が発表され、ぐるんPa【RS-G30C】がグッドデザイン賞を受賞いたしました。

 

 

ぐるんPa【RS-G30C】は手回し発電で点火できる業界初の石油ストーブです。

何回もハンドルを回す必要はなく、数回ハンドルを回していただければ点火できます。東日本大震災直後、乾電池がなかなか手に入らなかった経験より、乾電池不要の石油ストーブを作りました。

 

製品に関する詳しい情報はコチラをクリックください。

 

 

審査員の評価

従来の機器を改良して、乾電池や点火用ライター等を使わずに手回しハンドルの回転だけで点火出来ることは、製品の大きな進化として評価したい。また、手回しハンドルの形状や周りの説明など、細部にわたり分かりやすさ、使いやすさが追求させており、商品の完成度が高い。サステナブルデザインや環境問題の観点からも、廃乾電池を生み出さない本製品の意義は大きい。

 

 

グッドデザイン賞とは

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」が始まりであり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。

 

関連サイト グッドデザイン賞URL:http://www.g-mark.org/

 

グッドデザン賞受賞発表URL:http://www.g-mark.org/award/describe/38613

ページの先頭へ