環境配慮型製品「RB-G250」を8月に発売

環境配慮型機能「ぐるんPa」 + 7色の明かり「レインボー」の2機能を搭載したRB-G250を発売します。

 

従来は自動点火のために乾電池が4本必要となりますが、「ぐるんPa」シリーズはハンドルを回す力を電気に変換し、放電の力で着火するので「乾電池が不要」となります。

トヨトミは乾電池不要の「ぐるんPa」によって、廃乾電池の本数を減らす企業活動を推進していきます。

 


 

また、「ぐるんPa」はハンドルを回転させるだけで点火できるので、「乾電池」「マッチ・ライター」「コンセント」が不要となり、災害時にも日常で使える商品です。

ページの先頭へ