:石油暖房製品Q&A

Q. エコ運転とはどのような機能ですか?(石油ファンヒーター)

A. 室内が十分に暖まると、室温をウォームビズ推奨の20℃まで徐々に下げる機能です。また室温が高くなり過ぎると自動で消火・点火を繰り返し、暖めすぎを防ぎます。灯油の消費を抑えることにより、二酸化炭素排出量を抑えた環境にやさしいエコロジー機能です。

「エコ運転はどのような時に使いますか?」

1. 灯油の使用量を節約したいとき

2. 通常運転中に室温が設定温度以上に上がってしまうとき


→トヨトミの石油ファンヒーターは通常運転中にお部屋の温度が設定温度に達した際
には弱燃焼で燃焼が継続します。
気温が高めの春先や秋口に石油ファンヒーターを使用した際に、お部屋の温度が設定温度
を超えてしまうケースがあります。また気密性の高い部屋や小さなお部屋でも同様です。
エコ運転は最大で設定温度より3℃室温が上昇した場合には自動消火しますので必要以上
の温めすぎを防ぎます。

 

 

 

 

「エコ運転を開始するには?」

1. 運転中に「エコボタン」を押してください。
「ピー」音がしてデジタル表示部には「ECO」と表示されます。

※「設定温度」「室内温度」は表示されません。
※ 運転中しかエコ運転は開始できません。
※ エコ運転は一度設定すれば、記憶されます。ただし、設定が記憶されていても消火時には表示されません。

 

 

 

「エコ運転の制御は?」

1. 設定温度が26℃以上の場合は、25℃に切り替わります。
※設定温度が25℃以下の場合はもともとの設定温度のままです。

2. 設定温度より室温が約3℃上昇しますと、自動的に消火します。
自動消火した後でも、運転ランプは点灯したままになりデジタル表示に
「節電」を表示します。

3. 室温が設定温度を下まわると自動的に再点火します。

4. 室温が設定温度付近で安定した場合に、設定温度を1℃下げ、
これを設定温度が20℃になるまで繰り返します。

※エコ運転開始時の設定温度が21~25℃の場合は1℃ずつ段階的に設定温度を20℃まで下げます。
※エコ運転開始時の設定温度が12~20℃の場合は設定温度は変わりません。