:環境関連製品Q&A

Q. コンプレッサー方式とデシカント方式の違い(除湿機)

A. 特性、内部構造が異なります。目的、用途に合わせてお使いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※トヨトミのコンプレッサー方式の除湿器。

TD‐C56D、TD‐CH56D、MD-8B、MD-8K他

写真はTD‐C56D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※トヨトミのデシカント方式の除湿器

TD-Z80D、TD-Z80C、TD-Z80、TD-Z110C他

写真はTD-Z80D

 

 

 

 

 

 

コンプレッサー方式

 

「特徴、内部構造」

空気を冷却することにより発生する結露を利用しお部屋の空気の水分を取り除きます。

製品内部で冷媒を循環させ、湿った空気を冷やして水滴に変える事によりお部屋の空気を除湿します。

 

 

「長所」

・ 高温時の除湿能力が大きい。(湿気の多い梅雨、夏場に効果を発揮します。)

・ (デシカント方式と比較して)消費電力が少ない。

 

 

「短所」

・ 低温時に除湿能力が落ちる。(冬場の除湿は不向き)

・ 運転音(振動音)が大きい。

・ コンプレッサー内蔵の為に本体重量が重い。

 

 

 

 

デシカント方式

 

「特徴、内部構造」

製品内部のゼオライト(乾燥剤)に水分を吸着させることにより、お部屋の空気の水分を取り除きます。水の吸着と放出に優れた多孔質乾燥剤を用いて空気中の水分を吸着させ、ヒーターの熱により、乾燥した空気を吹出します。吸着した水分は、熱交換器で水滴となってタンクにたまります。

 

 

「長所」

・ 衣類乾燥に優れている。低温時の除湿能力が大きく冬場でも除湿能力が落ちない。

・ 軽量、コンパクトで運転音が静か。(コンプレッサーを内蔵していない為)

 

 

「短所」

・ ランニングコストが高い。(ヒーターを使用する為に消費電力が大きい)

・ 室温上昇が大きい。(除湿運転時にはヒーターを使用する為)